くらべて原子力

原子力施設の基本設計をくらべるブログです。

原発の「ドレン冷却器」ってどんな設備?

原発のドレン冷却器について紹介します。

原発のドレン冷却器について知りたい方は、参考にしてみてください。

原発のドレン冷却器について解説!

原発では原子炉で発生する核分裂の熱エネルギを取り出すために、原子炉または蒸気発生器へ水を送り出し水を沸騰させ蒸気を発生させ、タービンを回して発電しています。

原子炉または蒸気発生器へ送り出す水から効率的・経済的に蒸気を発生させるために、タービンを回し終わったあとの圧力は低いもののまだ熱い蒸気を用いあらかじめ温めるということを行っています。

原子炉または蒸気発生器へ送り出す水を温め終わると最終的に蒸気から水となりますが、蒸気(気体)から液体へ変化したものを「ドレン」といいます。

この「ドレン」はまだ熱いのでふたたび復水器へリサイクルするまでにさらに冷やす必要があります。

ドレン冷却器とは下の画像のような発生する「ドレン」を徐熱する設備をいいます。

東北電力㈱.女川原子力発電所3号機 低圧第1給水加熱器ドレン冷却器点検時における金属片の確認・回収について.平成16年7月1日