くらべて原子力

原子力施設の基本設計をくらべるブログです。

原発の「使用済樹脂貯蔵槽」ってどんな設備?

原発の「使用済樹脂貯蔵槽」について紹介します。

原発の「使用済樹脂貯蔵槽」について知りたい方は、参考にしてみてください。

原発の「使用済樹脂貯蔵槽」について解説!

原発では、運転中の原発の水や「使用済燃料貯蔵プール」の水などに含まれる放射性物質などの不純物であるサビを取り除くために、放射性物質を吸着できる特殊な粉末状の樹脂を用いています。

この放射性物質を吸着できる特殊な粉末状の樹脂は、古くなると新しい樹脂と交換になりますが、古くなった樹脂については特別に作られたタンクに貯めて保管しておきますが、このタンクを「使用済樹脂貯蔵槽」といい、樹脂に含まれる放射線が十分に低くなるまで保管します。

保管が終わったあとの「濃縮廃液貯蔵タンク」の水は、固まるまえのセメントまたは溶けた樹脂とともに混ぜ合わされ、ドラム缶のなかで冷やし固められ取り扱いやすいようにしたあと廃棄物として最終的に地中に埋めることで処理されます。

「使用済樹脂貯蔵槽」についての気になる口コミも要チェック!

ここでは原発の「使用済樹脂貯蔵槽」の口コミを見ていきましょう。

原発の「使用済樹脂貯蔵槽」について調べたところ、原発で発生する廃棄物や抗議活動についての口コミがありました。