くらべて原子力

原子力施設の基本設計をくらべるブログです。

原発の「起動用真空ポンプ」ってどんな設備?

原発の起動用真空ポンプについて紹介します。

原発の起動用真空ポンプについて知りたい方は、参考にしてみてください。

原発の起動用真空ポンプについて解説!

原発では原子炉で発生する核分裂の熱エネルギを取り出すために、原子炉または蒸気発生器で発生した蒸気を復水器へ送り込むまでに、その途中にあるタービンを回して発電しています。

原子炉または蒸気発生器で発生した高圧の蒸気に対して、復水器の中を非常に圧力の小さい真空に保ち圧力差を大きくすることで、途中にあるタービンを勢いよく回して効率的に発電ができるのです。

起動用真空ポンプとは下の画像のような原子炉の起動時に復水器の中の空気を吸い出し真空にするための設備をいいます。

なお、原子炉の通常の運転時には復水器の中の空気を吸い出すために、原子炉または蒸気発生器で発生した蒸気を活用しています。