くらべて原子力

原子力施設の基本設計をくらべるブログです。

原発の「蓄電池室」ってどんな部屋?

原発の「蓄電池室」について紹介します。

原発の「蓄電池室」について知りたい方は、参考にしてみてください。

原発の「蓄電池室」について解説!

原発では停電が発生した場合でも中央制御室などで運転員が原発の管理ができるように、非常用ディーゼル発電機による交流発電や蓄電池による直流電源の供給ができるように備えています。

「原子力規制庁技術基盤課.原子力発電所における蓄電池の劣化に関する国際調査結果(案).令和4年5月26日」によれば、国内外で使用されている蓄電池としては、「ベント型鉛蓄電池」というタイプが広く使われているようです。

「蓄電池室」とは下の画像のように蓄電池を多数設置している部屋をいいます。

参照:中部電力.浜岡原子力発電所4号機 250V系蓄電池の電解液の漏洩について.2018年12月7日

「蓄電池室」についての気になる口コミも要チェック!

ここでは原発の「蓄電池室」の口コミを見ていきましょう。

原発の「蓄電池室」について調べたところ、蓄電池室での工事の不備や浸水事故についての口コミがありました。