くらべて原子力

原子力施設の基本設計をくらべるブログです。

原発の「活性炭式希ガスホールドアップ装置」ってどんな設備?

原発の活性炭式希ガスホールドアップ装置について紹介します。

原発の活性炭式希ガスホールドアップ装置について知りたい方は、参考にしてみてください。

原発の活性炭式希ガスホールドアップ装置について解説!

原発では原子炉で発生する核分裂の熱エネルギを取り出すために、原子炉または蒸気発生器で発生した蒸気を復水器へ送り込むまでにタービンを回して発電しています。

タービンを勢いよく回して効率的に発電するために、復水器の中から空気を吸い出し高圧の蒸気との圧力差を大きく保っています。

復水器の中から吸い出した空気には核分裂により原子炉で発生した放射能が比較的高いガスが含まれていることからそのまま環境中へ放出することはできません。

このため原発では放射性のガスをすぐに放出するのではなくしばらくのあいだ原発の中に置いておく(ホールドアップ゚)ことで、放射能が低くなるまで待ち環境中へ放出するといった対応を採っています。

活性炭式希ガスホールドアップ装置とは下の画像のような放射性のガスをしばらくのあいだ活性炭へ吸着・保持し減衰させるための設備をいいます。