くらべて原子力

原子力施設の基本設計をくらべるブログです。

原発の「復水浄化系逆洗受タンク」ってどんなタンク?

原発の復水浄化系逆洗受タンクについて紹介します。

原発の復水浄化系逆洗受タンクについて知りたい方は、参考にしてみてください。

原発の復水浄化系逆洗受タンクについて解説!

原発では原子炉で発生する核分裂の熱エネルギを取り出すために、原子炉や蒸気発生器へ水を送り出し蒸気を作り出し発電しています。

原子炉や蒸気発生器へ送り出す水に不純物が入っている場合、不純物が原子炉の放射線により放射化し放射性物質となり原発の作業者が被ばくするおそれがあるとともに、不純物によっては原子炉の配管や機器へ悪影響があるため、この不純物を取り除く必要があります。

特に水に溶けない不純物はフィルタを利用して取り除いていますが、長い間使用しフィルタが汚れて詰まってくるとフィルタをきれいにする必要があります。

復水浄化系逆洗受タンクとは下の画像のイメージように、普段使っているフィルタに逆の方向に水を流してフィルタから汚れを除去しその汚れた水を受けるタンクをいいます。