くらべて原子力

原子力施設の基本設計をくらべるブログです。

原発の「空調機械室」ってどんな部屋?

原発の空調機械室について紹介します。

原発の空調機械室について知りたい方は、参考にしてみてください。

原発の空調機械室について解説!

原発では、放射性物質を直接取り扱う部屋や放射性物質を含んだ水を取り扱うタービンのある部屋、放射性物質を直接取り扱わない発電機のある部屋、常に気温の高い部屋などさまざまな部屋があり、空気中の放射性物質による汚染や寒暑などから運転員を防護するため換気空調により管理しています。

特に空気中を浮遊する放射性物質による汚染のおそれのある部屋には清浄な空気を供給するとともに、汚染のおそれの少ない部屋から汚染のおそれの高い部屋へ常に空気を流しフィルタで放射性物質を吸着するなどした後、最後には排気筒から放出させ希釈・拡散させています。

空調機械室とは以下の画像のように換気空調の管理をするための機械を設置している部屋をいいます。

東京電力HD㈱.福島第一原子力発電所現地確認報告書.平成30年5月30日