くらべて原子力

原子力施設の基本設計をくらべるブログです。

ボルセラ原発(BORSSELE)|オランダ-ゼーラント州

オランダのゼーラント州のボルセラ原発を紹介します。

ボルセラ原発について知りたい方は、参考にしてみてください。

ボルセラ原発の場所を確認!

ボルセラ原発は、オランダにある唯一の原発で、南西部に位置するゼーランド州にあります。

この地域は海岸線が長く美しい自然や歴史的な町が多く、人気の観光名所としてミデルブルフの市庁舎やドンブルフの海水浴場などがあります。

ボルセラ原発から最寄りの空港はロッテルダム・デン・ハーグ空港で、この空港からボルセラ原発まで車で約1時間半かかります。

なお、下表のようにボルセラ原発には1号機があります。

unit 初臨界
(First Criticality Date)
送電網接続
(First Grid Connection)
商業運転開始
(Commercial Operation Date)
状態
(Status)
BORSSELE 1973年6月20日 1973年4月7日 1973年10月26日 Operational

ボルセラ原発の特徴を簡単に解説!

原発では「燃料」「減速材」「冷却材」の3つと「原子炉容器」が重要です。

「燃料」は、「原子炉容器」のなかで核分裂により高速の中性子を発生させるとともに、「燃料」自体が高温となります。

「減速材」は、「原子炉容器」のなかで核分裂で発生した高速の中性子のスピードを落とし、中性子が「燃料」に当たりやすくして核分裂を起こしやすくします。

「冷却材」は、「原子炉容器」のなかで核分裂によって発生した高温の熱を「燃料」から取り出す役目をします。

ボルセラ原発1号機の「燃料」「減速材」「冷却材」と「原子炉容器」の特徴!

ボルセラ原発1号機の「燃料」「減速材」「冷却材」は以下のとおりです。

  • 燃料:濃縮ウラン
  • 減速材:水
  • 冷却材:水

また、1号機の「原子炉容器」の大きさは、日本原子力情報センターの「原子力発電プラントデータブック」によれば、円柱で考えた場合に高さが約8m、直径が約4mであり、出力は477MWとなります。

ボルセラ原発1号機
原子炉容器データ(Reactor Data)
出力(Output) 477MW
形状(Shape) Cylinder
高さ(height) 7.5m
直径(Diameter) 3.81m
素材(Material) CS-22-Ni·Mo-Cr-3/ SSX-10 Cr-Ni-Nb-18.9
厚さ(Thickness) 185mm

下の2枚の画像は、遠方からの様子と接近したときの様子です。

口コミ・評判は実際どう?【ボルセラ原発の感想・レビュー】

ここではボルセラ原発の口コミをみていきましょう。

順番に確認していきましょう。

IAEAはボルセラ原発の安全審査を完了しました。 操業主体であるオランダの電力会社EPZは、1基の原子炉の長期運転に備え、新たなユニットも計画中です。

原子力発電はクールだ! 石炭を殺す。原発の隣で取り壊されたボルセラ石炭発電所。核分裂生成物は年間でキャニスタ3本だけ。オランダはロックだ。

気をつけよう。メディア各社によると、次期オランダ政府は、EU最古の原子炉ボルセラを2033年以降も稼働させ、さらに3基の原子炉を建設する計画だそう。まだ確認は取れていないが、これはオランダを破壊することになる。

ボルセラ原発の口コミを調査したところ、ボルセラ原発の運転期間延長や新規ユニットの建設に関する評判があることがわかりました。

ボルセラ原発の近場の飲食店をチェック! 【人気料理をご紹介】

20230311181624

ここではボルセラ原発の近くの飲食店をご紹介いたします。

興味がある方は参考にしてみてください。

ボルセラ原発からの所要時間が車で約6分の、ビストロ「Dorpshuis Vijverzicht」です。

ボルセラ原発の近くの飲食店を調査したところ、とても評判の良いお店があることが分かりました。

近くまで来た際には、是非とも訪れてみてくださいね。